Le décor Flora fut l’un des grands succès commerciaux de la manufacture de Creil dans la deuxième moitié du XIXe siècle. Composé de fleurs et feuilles de liseron imprimées en bleu sous couverte, ce décor fut présenté à l’Exposition Universelle de 1855 à Paris. Les services au motif Flora, imprimés en bleu sur fond blanc, se déclinent en plusieurs versions : au liseron, au muguet, au houx, à la rose et à l’aubépine. (Faïence de Creil-Montereau, Wikipediaより

Creil et Montereau décor Flora au liseron と云う名の付いた陶器

クレイユ&モントローが1855年のパリ万博に出品したお皿です。モチーフはカマイユブルーで絵付けされた昼顔と山査子。先日の秋の買付けでパリのお店で譲って頂いた逸品。150年以上前の物ですので、もちろん傷や欠け、貫入などはありますが、その古さと美しさに圧倒されました。現在、平皿と深皿を各3皿ずつ在庫しております。

・France 19世紀後期

・サイズ:直径22~23cm

ONLINESHOP(平皿)

ONLINESHOP(深皿)

 

■深皿

 

 

■平皿

 

※平皿、深皿共それぞれ状態がかなり異なります。お店に展示ましたので、出来れば直接ご覧頂ければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です