19世紀中期頃の Creil et Montereau のオーバル大皿、クレイユ&モントローらしい白に薄青い色をした独特の色合い。この色はこの時代の独特の色。一目でクレイユの物だと判ります。長手が34cmあります。Creil et Montereau がお好きな方にはひとつは持っていたいアイテムではないでしょうか。

・France 1867-1876年代

・サイズ:縦22.5cmx横33cmx高さ3cm

ONLINESHOP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です