今回の買付けでようやく手に入れたプジョーの大工道具。1800年代の鉋です。木製の鉋台は、底面が円弧型になっている反り台鉋と呼ばれる物です。鋼の刃の上部に”Peugeot Frères “とライオンの刻印が見えます。

現在はプジョーと云えば、フランスを代表する自動車メーカーですが、1824年の創業当初はプジョー兄弟 (Peugeot Frères )が作った製鋼所でした。当時は工具や刃物、スプリングなどの鋼製部品を製造していました。本品にはライオンのマークが刻印されているので1858年以降の物だと思われます。プジョーが本格的に自動車の技術開発を始めたのは1880年代頃からになります。

・France 1900年代前後

・サイズ:全長20cmx幅5.5cmx4.8cm(刃含まず)

・SOLD

・ONLINESHOP

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です