ワグナーのフィギュアをもうひとつ。こちらの小さな子狐はふわふわの尻尾のみリアルファーで作られています。尻尾以外はウールフロックと云って、ウール等に吹付け加工が施されています。きらきら輝くグリーンアイと小さな眉毛、ちょっとヤンチャそうな表情をしています。でも横から見るととても可愛いです。

ワグナー社は第二次世界大戦開戦直後の1940年、ドイツの彫刻家のフリッツ・ワグナーによってローゼンタールに芸術工芸品のワークショップとして創業。戦後、東西ドイツ統一直前の1988年までの約48年間、子供たちに優しくて愛らしいフィギュアを作り続けました。
ワグナー社が制作したこの動物のフィギュア(ぬいぐるみ)は、今でもヨーロッパではコレクターが多く、特にリアルファーのアイテムはプレミアが付くほどの評価を受けています。本品は”the monkey-head label”と云うラベルが付いていて、これはワグナー社が1951年~1965年に製作した物になります。 上質な柔らかなリアルファーを使い、眼はガラスアイが付けられています。全て手作りで顔の表情もとてもチャーミングです。

・West Germany 1951-1965年

・サイズ:全長9×高さ5cm

・OR0413 (在庫2) ALL SOLD

・ONLINESHOP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です