Papier mâché の卓上ペンケース

パピエ・マシェには色々な形の物があります。主素材はパルプ(紙)で、膠、砂、接着剤などを混合した物を鋳型に流し込み加熱して固形化します。出来上がった形の表面を磨きながら整えていきます。その上に絵付けしたり色付けしたりして装飾を施していきます。

ヨーロッパでは17世紀初め頃より主にフランスで始まった製法。その後ジャポニズムやシノワズリー文化が流行し、漆工芸の装飾が取り入れられたり金、銀、錫などを使った蒔絵の様な物も見られます。本品も東洋文化の影響を受けたような絵柄で、黒漆のような下地(漆かどうかは不明)に雀や蝶が描かれています。内部も同様の仕上げで大小3つの部屋に分かれています。

・France 1900年代初め頃

・サイズ:縦10cmx横22cmx高さ3cm

・ST0597 ¥14,400-(税込)

・ONLINESHOP

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です