ドイツの古窯、Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)のオーバルプレート。

Jäger Eisenberg は1869年創業のドイツの老舗の陶器会社。

本品は底面に German Democratic Republic とありますので、1949年以降の物になります。刻印からみて1960年代頃の物のようです。

サキソニー柄と言えば、デンマークの ROYAL COPENHAGEN のブルーフルーテッドシリーズを思い浮かべます。これは元々ロイヤルコペンハーゲンが1775年に開窯した一番最初のパターンでもあるからです。

それ以来、今日まで多くの陶器会社がサキソニー柄の陶器を作り続けています。

 

フルーテッドは「縦縞の貝殻」とか「花麦藁」の意味。サキソニーはSaxony(Sax)、ドイツのザクセンの地名。

昔その地で染められた染料の青をblau saks「サクソンの青」といったのが語源と云われています。

またこの絵柄のデザイン自体は古い中国からヨーロッパに伝来したものと云われています。

本品は横23.5cmと小ぶりなサイズのオーバルプレート。やや四角張った形をしており、乗せる面が他のオーバルに比べて広いので、お料理を選ばず使い易いのではないでしょうか。

 

 

・Germany 1960年

・サイズ:縦14.5cmx横23.5cmx高さ2.8cm

・KT1704 ¥5,400-(税込)

・ONLINESHOP

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です