昔、カフェや教会の入口で、主に杖などの長い物を掛ける金物。

鉄製で重量がありますので、壁にしっかり固定しないといけません。

裏に十字型の金物が付いていて中心を軸にくるくると回転扉のように回ります。

一回転して杖の首の部分が引っ掛かるようになります。

以前ドイツでも同じような物を見つけましたが、こちらはフランス製。

ヨーロッパでは当時よく使われていた物なのでしょう。

一番右端の所は十字金物がありません。

・France 1900’s初期

・サイズ:縦8.3cmx横45cmx高さ4.5cm

・OT1383 ¥16,000-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です